判定基準

受入可能な廃棄物は、「判定基準(溶出)に係る有害物質」、「含水率・熱しゃく減量・n-ヘキサン抽出物質・pH」の項目の基準を満たすものとなります。
管理型品目の受入申込みには分析証明書の写しが必要です。分析証明書等に関する事項については、こちらをご確認ください。

  1. 判定基準
  2. 判定基準(溶出)に係る有害物質の分析項目
  3. 含水率・熱しゃく減量・nーヘキサン抽出物質・pHの分析

1.判定基準

項目 基 準 値
アルキル水銀化合物 アルキル水銀化合物につき 検出されないこと
水銀又はその化合物 検液1Lにつき 0.005 mg以下
カドミウム又はその化合物 0.09mg以下
鉛又はその化合物 0.3 mg以下
有機りん化合物 1 mg以下
六価クロム化合物 1.5 mg以下
ひ素又はその化合物 0.3 mg以下
シアン化合物 1 mg以下
PCB 0.003 mg以下
トリクロロエチレン 0.1 mg以下
テトラクロロエチレン 0.1 mg以下
ジクロロメタン 0.2 mg以下
四塩化炭素 0.02 mg以下
1.2-ジクロロエタン 0.04 mg以下
1.1-ジクロロエチレン 1 mg以下
シス-1.2-ジクロロエチレン 0.4 mg以下
1.1.1-トリクロロエタン 3 mg以下
1.1.2-トリクロロエタン 0.06 mg以下
1.3-ジクロロプロペン 0.02 mg以下
チウラム 0.06 mg以下
シマジン 0.03 mg以下
チオベンカルブ 0.2 mg以下
ベンゼン 0.1 mg以下
セレン又はその化合物 0.3 mg以下
1.4-ジオキサン 0.5 mg以下
ダイオキシン類 検体1gにつき 3 ng-TEQ以下

受入可能廃棄物の判定基準は、「判定基準(標準値)」欄をご確認ください。
管理型品目の分析を行う場合は、検査項目を「有害物質の分析判定基準」欄でご確認ください。

ページトップへ

2.判定基準(溶出)に係る有害物質の分析項目

項目 有害物質の分析判定基準
燃え殻 ばいじん 汚泥 鉱さい 管理型混合廃棄物
(耐火レンガ)
 廃石膏ボード 13号
廃棄物
アルキル水銀化合物 ―  処理前の産業廃棄物の種類における項目を実施
水銀又はその化合物 ― 
カドミウム又はその化合物 ○ 
鉛又はその化合物 ― 
有機りん化合物 ― 
六価クロム化合物 ― 
ひ素及びその化合物 ○ 
シアン化合物 ― 
PCB ― 
トリクロロエチレン ― 
テトラクロロエチレン ― 
ジクロロメタン ― 
四塩化炭素 ― 
1.2-ジクロロエタン ― 
1.1-ジクロロエチレン ― 
シス-1.2-ジクロロエチレン ― 
1.1.1-トリクロロエタン ― 
1.1.2-トリクロロエタン ― 
1.3-ジクロロプロペン ― 
チウラム ― 
シマジン ― 
チオベンカルブ ― 
ベンゼン ― 
セレン又はその化合物 ― 
1.4-ジオキサン ― 
ダイオキシン類 ― 
  1. 表中の●は必須項目、○は任意項目(発生工程等から含まれるおそれのない項目は省略することができる)
  2. 13号廃棄物については、処理前の産業廃棄物の種類における項目を実施
  3. アルキル水銀については、水銀又はその化合物が検出されたものに限る
  4. ダイオキシン類の項は、ばいじん、焼却灰、その他の燃え殻及び廃ガス洗浄施設から排出された汚泥及びこれらを処分するために処理した廃棄物並びにこれらを含有し又は付着した廃棄物に適用(※ ダイオキシンは、含有試験を実施して下さい)
  5. 判定基準の試験方法は「産業廃棄物に含まれる金属等の検定方法」(昭和48年2月17日環境庁告示第13号)に定める方法とする
  6. 平成25年6月から 1.4-ジオキサンが追加
  7. 平成28年9月15日から トリクロロエチレンの判定基準値を変更

ページトップへ

3.含水率・熱しゃく減量・n-ヘキサン抽出物質・pHの分析

項目 受入基準 有害物質の分析判定基準
燃え殻 ばい
じん
汚泥 鉱さい 管理型混合廃棄物
(耐火レンガ)
廃石膏ボード  13号
廃棄物
含水率 85%以下(参考)
(注1)
―  (注2)
熱しゃく減量 15%以下 ― 
n-ヘキサン抽出物質
(油分)
1%以下(注3) ― 
pH ― 
  1. 表中の●は必須項目、○は任意項目(発生工程等から分析が不要と判断される項目は省略できる)
  2. 含水率の受入基準は汚泥に適用。熱しゃく減量の受入基準は燃え殻、ばいじんに適用
  3. (注1):湿式集じんダストは必須
  4. (注2):13号廃棄物については、処理前の産業廃棄物の種類における項目を実施
  5. (注3):「含有量(%)=検液のノルマルヘキサン抽出物質の重量(g)/試料重量(g)×100」の式により算出する

ページトップへ