搬入手続きの流れ

産業廃棄物の搬入の際には、管理事務所での搬入手続きと受入検査が必要です。

1.搬入時

処分場管理事務所横のトラックスケールに停車し、係員の指示に従ってください。

  1. 搬入申込書提出(搬入日ごとに必要となります)
  2. 契約者カード提示
  3. マニフェスト提出
    (「どこから、何を、どれだけ、誰が」を記入し、ご持参ください)*1
  4. 運搬車両の運搬表示版(車両の見えるところに掲示してください)
  5. 受入検査への協力
  6. その他注意事項*2
契約者カード

契約者カード
(クリックして拡大)

自社排出・運搬の際の表示

自社排出・運搬の際の表示
(クリックして拡大)

運搬委託の際の表示

運搬委託の際の表示
(クリックして拡大)

2.受入手続き(管理事務所)

トラックスケール
トラックスケール
  1. 搬入車の確認
  2. 契約者カードの確認
  3. マニフェストの確認
  4. 廃棄物の確認(目視)
  5. 計量(トラックスケール)

※空車重量未登録車両の場合は、退出時にも計量を受ける2回計量となります。

3.受入検査(埋立処分場)

  1. 展開検査の実施
  2. 必要に応じて精密検査の実施

4.受入検査結果

適合 不適合

  • ・搬入産業廃棄物の持ち帰り
  • ・受入拒否(契約の解除)

*1   「産業廃棄物管理票交付等状況報告」が必要となります!
今年度のマニフェストの交付状況を翌年度6月末までに環境保健所へ報告してください。
(「事業主」が「自ら運搬」あるいは「処理業者」に依頼し、処分場で処理するため交付したマニフェストの内訳です。)
マニフェストは、契約終了後5年間保管してください。
     
*2  
  • ダンピング出来ない車両で搬入された場合、埋立処分場所での荷降ろし作業は搬入者の方でお願いします。
  • 搬入車両、出来るだけ10t車(全長8m)以下でお願いします。
  • 搬入の際は、当初に登録した車両で産業廃棄物を搬入してください。
  • 産業廃棄物の混載搬入は原則お断りします。やむを得ない混載の場合は、単価の高い方の処分料金を適用します。ただし、工作物の新築、改築又は除去に伴って生じた「ガラスくず」「コンクリートくず」及び「陶磁器くず」の「がれき類」への混入は認めることとします。
  • 産業廃棄物の飛散、落下防止のため、運搬搬入車両の荷台には確実にシート掛け等を行って運搬搬入してください。
  • 産業廃棄物の過積載は、道路運行上危険な為、行わないでください。過積載の受入検査をする場合があります。
  • 搬入車両は廃棄物処理法及び交通法規を遵守してください。

ページトップへ

契約者カード

契約者カード

自社排出・運搬の際の表示

自社排出・運搬の際の表示

運搬委託の際の表示

運搬委託の際の表示