製品情報

Aqua systems Performance Analyzer 4

概要

Oracleデータベースチューニング&監視ツール

Aqua systems Performance Analyzer 4は、現在RDB市場で半数以上のシェアを占めているOracleデータベースを高速且つ円滑に動作させる潤滑油のようなツールです。
Aqua systems Performance Analyzer 4は、チューニングから監視というOracleの管理者にとっては避けては通れない難作業を容易にするための各種支援機能をご提供します。

  • パフォーマンスを考慮した設計・開発への適応
  • 個々のSQLの実行計画確認、ベンチマークテスト
  • ハードウェアサイジング(CPU数、メモリサイズなどは適切か)のための調査
  • 常時監視することでトラブルを未然察知
  • 効果的かつ包括的な診断によるチューニングサポート


機能

Performance Analyzer 4 の機能

ロギングによる定期情報取得と診断

監視対象サーバーより、一定間隔でデータベース情報やOS情報を取得
Oracleパフォーマンス情報(Statspack +α相当)
+ OSパフォーマンス情報(sar, iostat, netstat, ...相当) +α

レポート出力例

SQLトレースによるSQL取得と分析

V$sqlarea, V$sessionなどをサンプリング、Oracle 9i以上であれば、実行計画も 同時取得ディスク読込数やコストなどでソートし、負荷の高いSQLを判断

データベース及びOSの稼動状態監視

領域の不足、アラート等DBの稼動だけでなく、OSのCPU使用率、メモリ使用量まで、閾値を元に、管理者に警告を通知



システム要件

Performance Analyzer 4 本体

OS
  • Windows 2003
  • Windows XP(Home Editionを除く)
  • Windows 2000
  • Windows NT4.0(SP3以上)
リポジトリDB
  • Oracle 10g
  • Oracle 9i Release 2
  • Oracle 9i
  • Oracle 8i
メモリ
  • リポジトリデータベースも稼動させる場合
    256MB 以上、512MB(推奨)
ディスク
  • 512MB 以上を必須(1GB 以上を推奨)
その他
  • メモリ量、監視対象データベース数やロギング頻度などに左右されます。

監査対象

DB
  • Oracle10g Release 2
  • Oracle10g
  • Oracle9i Release 2
  • Oracle9i
  • Oracle8i
  • Oracle8.0
ディスク
  • 1MB 以上の空き容量
その他
  • Performance Analyzer 4 からOracle リスナーに接続できること



Performance Analyzer 4に関する
お問い合わせ・資料請求はこちら

WEBからお問い合わせ

このページの先頭へ