製品情報

DBエース データマスキングエディション

概要

DBエース データマスキングエディションは、データベースから抽出した実データに含まれる個人情報を秘匿化し、 高品質なテストデータを手間をかけず迅速に生成するためのソリューションです。
マスキング処理でデータを任意の文字列に変換するだけでなく、あらかじめ製品に登録された氏名・住所・ 電話番号などの豊富な擬似データと、さまざまなデータ加工ルールの活用により、個人情報を秘匿化することはもちろん、 テーブル間の整合性も意識した高品質なテストデータの生成が簡単に作成できます。

特徴

豊富な擬似データ

DBエース データマスキングエディションには、あらかじめ19カテゴリの擬似データが登録されており、対象のカラムに対しランダムな変換を行います。
また、氏名の漢字とカナ、郵便番号と住所等は整合性を保った状態で対象カラムのデータを変換します。

擬似データの種類

●氏名(漢字/全角カナ/角カナ)
●姓(漢字/全角カナ/角カナ)
●名(漢字/全角カナ/角カナ)
●電話番号(ハイフン有/無)
● メールアドレス

●郵便番号(ハイフン有/無)
●住所
●都道府県
●市区郡名
●町村名
●マンション・ビル名



リアルなデータ変換

氏名(漢字)に対してはあらかじめ登録された擬似データよりランダムで割り当て変換されますが、氏名(カナ)の情報は、氏名(漢字)に対応して連動した内容に変換されます。

郵便番号は実際に存在する番号からランダムに割り当てられ、都道府県、市区郡名、町村名はそれに対応して実際に存在する住所に変換されます。



制約を守ったリアリティのあるテストデータを生成

DBエース データマスキングエディションでは、本番データベースの構造を解析し、外部キー制約を受けるカラムを自動検知します。
また、基となるデータから一定のルールに基づいた変換が可能な「データ加工ルール」機能の利用により、データ変換後も整合性を維持した状態のテストデータの生成や、 一意性制約にも反しないテストデータの生成が可能です。

アンロードから、解析・変換・ロードまで簡単運用

DBエース データマスキングエディションでは、本番データベースからのデータアンロード、データ変換によるテストデータ生成、 検証環境へのテストデータのロードまでを、GUIからの数ステップの作業で実施することが可能です。
作業工数の効率化はもちろん、極力人手を介さないことでセキュリティリスクの削減も図れます。
またCUI実行機能により、夜間のバッチ処理や、他のアプリケーションと連系した変換作業の実施も可能です。


機能

データ変換機能

●擬似データ変換
本番データに類似した擬似データにランダムに変換します。
●マスキング変換
指定した文字列にデータを置き換えます。(半角/全角の指定可能)
開始位置や終了位置の設定も可能です。
●ランダム変換
数値をランダムに変換します。
桁数の指定有無を選択でき、桁数指定なしの場合は上限値・下限値の設定ができます。
●データ加工
指定したルールに沿って、データを変換します。

個人情報自動解析機能

データベース内のテーブル情報の解析を行い、自動的に個人情報項目であるかを判断して変換方法をユーザーに提案します。

データアンロード・ロード機能

本番環境データベースからのデータアンロード、検証環境へのデータのロードが可能です。アンロードの際は、抽出条件の指定や、データ件数指定、カラム範囲の指定ができ、必要なデータのみを抽出することが可能です。

ファイル出力機能

変換後のデータを検証環境データベースへロードするだけでなく、ファイルとして出力することも可能です。 ファイル形式は、XML、CSV、TSVの3種類に対応しています。

レポート機能

実行した変換処理に関する詳細な報告帳票(対象テーブル情報、変換方式、データ抽出条件および出力データ件数)の出力を行うことができ、作業の証跡として活用いただけます。

CUI実行機能

ユーザインタフェースは、使い勝手の良いGUIのほか、コマンド、シェルスクリプトによるアプリケーション実行ができるCUIも搭載し、バッチ処理での変換作業も可能です。

データ生成機能

データベースの構成情報を解析し、ゼロからデータ生成を行う機能です。 登録済の擬似データの活用を始め、文字列・数値・日付のランダム生成や、連番データ生成機能を用いて、簡単にデータ生成が行えます。Excelからのデータ取り込みにも対応しています。

DBエース データマスキングエディションの機能一覧

Oracle Database 対応版 MicrosoftSQL Server対応版 ファイル変換対応版
自動解析 スキーマ
データ
データアンロード機能
データロード機能 -
ファイル変換機能 -
ファイル
出力
CSV ※4
TSV ※4
XML -
CUI実行 -
レポート出力
データ生成 -
※4 変換対象ファイルと同一のファイル形式となります

動作環境

DB エース データマスキングエディション Oracle Database対応版

対応DB
  • Oracle 9i Database Release 2
  • Oracle Database 10g
  • Oracle Database 10g Release 2
  • Oracle Database 11g
  • Oracle Database 11g Release 2
OS ※1
  • Microsoft Windows Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard Edition Service Pack 1
  • Microsoft Windows Server 2008 Enterprise Edition Service Pack 1
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard Edition
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition
CPU
  • 550MHz(推奨1GHz以上)
RAM
  • 512MB(推奨1GB以上)
HDD
  • 変換対象のデータ量の2倍以上
Java環境
  • SUN J2SE 5.0(1.5.0_14以降) ※2※3
※1  64ビット OS であるMicrosoft Windows 2008 Server R2では、DBエース マスキングエディショ ンを32ビットアプリケーションとして動作させる必要があります。
※2   Microsoft Windows 2008 Server R2 環境へインストールする場合は、SUN J2SE5.0(1.5.0_21以 降)の32ビット用をご利用ください。
※3  SUN J2SE 6.0を除く。

DBエース データマスキングエディション Microsoft SQL Server対応版

対応DB
  • Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 2
  • Microsoft SQL Server 2008
  • Microsoft SQL Server 2008 R2
OS ※1
  • Microsoft Windows Server 2003 Standard Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Standard Edition
  • Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise Edition
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard Edition Service Pack 1
  • Microsoft Windows Server 2008 Enterprise Edition Service Pack 1
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard Edition
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition
CPU
  • 550MHz(推奨1GHz以上)
RAM
  • 512MB(推奨1GB以上)
HDD
  • 変換対象のデータ量の2倍以上
Java環境
  • SUN J2SE 5.0(1.5.0_14以降) ※2※3
※1  64ビット OS であるMicrosoft Windows 2008 Server R2では、DBエース マスキングエディショ ンを32ビットアプリケーションとして動作させる必要があります。
※2   Microsoft Windows 2008 Server R2 環境へインストールする場合は、SUN J2SE5.0(1.5.0_21以 降)の32ビット用をご利用ください。
※3  SUN J2SE 6.0を除く。

DB エース データマスキングエディション ファイル対応版

対応ファイル形式
  • CSV
  • TSV
OS
  • Microsoft Windows Server 2003
  • Microsoft Windows Server 2003 R2
  • Microsoft Windows Server 2008
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 ※1
CPU
  • 550MHz(推奨1GHz以上)
RAM
  • 1GB(推奨2GB以上)
HDD
  • 100MB以上のハードディスク空き容量
    (アプリケーションのインストールに必要)
Java環境
  • SUN J2SE 5.0(1.5.0_14以降) ※2※3
※1  64ビット OS であるMicrosoft Windows 2008 Server R2では、DBエース マスキングエディショ ンを32ビットアプリケーションとして動作させる必要があります。
※2   Microsoft Windows 2008 Server R2 環境へインストールする場合は、SUN J2SE5.0(1.5.0_21以 降)の32ビット用をご利用ください。
※3  SUN J2SE 6.0を除く。

DBエース データマスキングエディションに関する
お問い合わせ・資料請求はこちら

WEBからお問い合わせ

このページの先頭へ